世界一の販売台数を誇るトヨタがこのたび、燃料電池自動車FCVに関する特許を無償で提供するそうです。

これはFCVの普及を促すことが目的だそうですが、確かに国産車でたった一代のFCVのために世の中が何をしてくれるのかということでそれなら自腹をきって普及を促し、FCVの需要を伸ばしていった方がいいということらしいです。
しかしこれは表の顔であって実際にはこういったことがあるのではないかと思われます。
自動車というのはもともとガソリンや軽油などで動くエンジンを使ったもので、それが当たり前でした。
しかし、トヨタが新しい車としてハイブリッドカーを生み出し、政府のエコカー補助金制度をうまく利用して爆発的に売り上げとなり、一気に普及させることができました。

しかし、ハイブリッドカーにそろそろ限界がきており、世の中は次なる新しい車を探しているのです。
そこで浮かび上がってくるのが電気自動車のEVです。
現在でも日産から2車種、三菱から3車種ほど販売されていますが、実はEVもハイブリッドカーが販売され始めた時には既に量産体制に入っていたのです。
こういった経緯がある中、世の中では次なる次世代車としてEVに着目しているのですが、トヨタにしてみればそれはかなりまずいことになるのです。
なぜならEVを開発していないからです。

ハイブリッドカーのように先陣を切ることが出来ないトヨタは、EVがいまだに伸び悩んでいる隙にEVではなくFCVに注目させようということなのです。
FCVだったら他のどの自動車メーカーよりも技術があり、市販車も持っています。
要するに人気のなくなったタレントが熱愛報道を自ら作り出し、それによって注目度を上げるといったことと同じなのです。
EVが充電インフラ問題によってなかなか普及に至らない隙をついて、技術を持っているFCVの普及をもくろむというのが今回の特許の無償提供の裏側といってもいいと思います。