フォルクスワーゲンが日本初のレンタカーサービスを沖縄県で開始したそうです。
フォルクスワーゲンの車をレンタルするレンタカー業者は今までありましたが、
直接フォルクスワーゲンが運営に対して関わるのは初めてです。

実際にはフォルクスワーゲンジャパンの運営では無く、「フォルクスワーゲン
沖縄中央」という販売店が、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・
ジャパン(VFJ)のサポートで運営する物です。

レンタカー営業所は那覇空港に隣接した立地にあり、フォルクスワーゲンの最新
車両をレンタルすることが出来るのが特徴です。
車両の整備は正規販売店の「フォルクスワーゲン沖縄中央」が行うと言うこと
ですので、常に十分な整備を受けたフォルクスワーゲン車をレンタル可能です。

2015年7月1日時点では、ザ・ビートル、ザ・ビートル・カブリオレ、ゴルフの
3台をレンタルすることが可能だそうです。料金は12時間、24時間、36時間、48時間
の4つのパターンから選ぶことが可能で、最低1万2千円からの値段設定と
なっているそうです。

予約は公式サイトもしくは、フォルクスワーゲン沖縄中央に電話して申し込みが
可能です。また、ホテル・旅館の予約サイトである一休.comでは、宿泊を一休.com
から予約して沖縄で宿泊する一休.com会員に対して特別価格でフォルクスワーゲンの
レンタカーを提供するサービスを実施しています。

沖縄のようなリゾート気分の場所に行くと、気持ちが開放的になりますので今回の
フォルクスワーゲンのレンタカーのような非日常を体験させてくれるサービスが
あると、旅がより楽しくなりそうです。

これまで、外車のレンタカーというのは日本車のレンタカーのスペシャルなグレード
としてありましたが、この流れで、他のメーカー直営のレンタカー会社が出来れば
いろいろな車に乗ることが出来るようになって楽しいだろうな。と、思いました。