トヨタはコストをかけないで車を作るのが非常に上手です。
例えば、つい最近発売されたクロスオーバーSUVのハリアーとそのレクサス店バージョンのNX300hですが、基本的なプラットフォームはトヨタのカムリのものを使い、エンジンとハイブリッドシステム、フロント駆動の電気モーターもカムリもの、リヤ駆動用のモーターはアルファードのものを使い、それらをカムリのプラットフォームに載せて、それに車種専用のボディを載せて作った車がハリアーで、更に内外装の特別なパーツを使って作ったのがNX300hなのです。

それからそっくりそのまま使った例ではレクサス店のCT200h、シャーシからエンジン、足回り、ハイブリッドシステムすべてのものをプリウスと同じとし、それに専用ボディを載せて作ったのがCT200h、ポルテのプラットフォームにアクアのハイブリッドシステムを搭載したものがカローラアクシオ・ハイブリッドなど、他の自動車メーカーでは考えられないほどいろいろなパーツを流用した車作りというものがトヨタでは当たり前なのです。
これなら安いコストで車が作れるわけですが、車両価格がそれに見合ったものではないということは相当利益を上げているか、宣伝広告にかなりお金をつぎ込んでいるのでしょうか。”